お申込み
窓口担当者:李(男性) / 王(男性)
電話番号:13656482367
0571-89801762

博覧会紹介

中国北東アジア博覧会(略称:北東アジア博覧会)は中華人民共和国国務院に承認され、中華人民共和国商務部、中華人民共和国国家発展·改革委員会、中国国際貿易促進委員会及び吉林省人民政府の共催、北東アジア地域のその他五国の8つの重要商業協会並びに中日韓三国協力事務局の協力により行われており、世界唯一の北東アジア六国が共同で参加し、かつ全世界に開放する国家級国際的総合博覧会です

一、背景と発展経緯

2005年、当時の温家宝総理が東南アジア諸国連合(ASEAN)・中日韓首脳会議(10+3で提唱した「北東アジアにおける協力を拡大し、東北旧工業拠点の振興を加速する」ことについて、参加者が全員同意しました。2004年、我が国は東北旧工業拠点振興戦略を実施し始めました。2005年、東北旧工業拠点の振興、北東アジア地域における協力の促進を目標とした北東アジア博覧会が誕生しました。2006年、当時の呉儀副総理は第二回北東アジア博覧会で、北東アジア経済協力の促進に関して、「協力体制を整備し、協力分野を開拓し、協力の着実な効果を増強する」等3つの意見を提出し、北東アジアの経済貿易協力の更なる強化・促進、協力の規模、レベルと水準の更なる向上を方針としました。20079月、中華人民共和国国務院の承認を得て、中華人民共和国商務部、中華人民共和国国務院振興東北弁公室(現在、中華人民共和国国家発展·改革委員会)、吉林省人民政府の共催により、中国吉林長春国際展示会センターで第一回北東アジア経済貿易協力ハイレベルフォーラムが開催されました。現在、北東アジア協力ハイレベルフォーラムは北東アジア博覧会のメインフォーラムとなりました。

北東アジア博覧会の最初の名称は中国吉林・北東アジア投資貿易博覧会でした。2012年、中華人民共和国国務院の承認により、中国吉林・北東アジア投資貿易博覧会は名称を変更し、中国・北東アジア博覧会に昇格され、国家周辺外交戦略の実施に役割を果たす国際的総合博覧会になりました。2005年-2013年は年に1回の頻度で開かれていましたが、2014年から、中央の決定により、北東アジア博覧会を含む全国における大型渉外機能のある展示会は隔年開催となりました。

二、主催者、協力団体

主催者:中華人民共和国商務部、中華人民共和国国家発展·改革委員会、中国国際貿易促進委員会、吉林省人民政府

協力団体:朝鮮国際貿易促進委員会、日中経済協会、日本国際貿易促進協会、日本貿易振興機構、韓国貿易協会、大韓商工会議所、モンゴル工商会、ロシア連邦工商会、中日韓三国協力事務局

三、主な成果

2005年から現在まで、中国・北東アジア博覧会は連続で11回も成功に開催されました。十一回の開催において、合計100以上の国家・地域及び国内からの988名の副部(省)級(日本の副大臣級相当)以上の要人(そのうち、副国級(日本の閣僚級相当)以上の要人は54名)が参加しました。我が国の党と国家指導者である呉儀氏(2回)、曽培炎氏、王岐山氏(2回)、李克強氏、汪洋氏(2回)等は相次いで博覧会に出席し、かつ、北東アジア協力ハイレベルフォーラムで中国政府を代表して基調講演を発表しました。130以上の国家・地域からの70万余りの来場者、7000団体以上の出展者が博覧会に参加し、そのうち、海外の出展割合は50%を超えています。

中華人民共和国国務院の承認により開催された北東アジア協力ハイレベルフォーラムは既に八回も円滑に開かれ、北東アジア地域における国家政府が定期的に交流と対話を行うハイレベルのプラットフォームとなりました。

四、第十二回中国北東アジア博覧会

第十二回中国・北東アジア博覧会は2019823日から27日まで長春市で開かれる予定です。今回の博覧会は、「相互信頼と協力を増進し、北東アジアの美しい新未来を切り開く」をテーマとし、「ハイレベルの人的コミュニケーション・交流拠点、高品質の経済貿易往来のプラットフォーム、高潜在力のある製品展示センター」の構築に注力し、新たな技術革命と産業変革に全面的にフォーカスし、デジタル経済時代の高品質の発展を促進していきたい所存です。開催にあたって、5G新時代テーマ館及び北東アジア国家館、輸入商品館東北振興とマッチング協力館、健康福祉産業館、吉林館等の六つの展示館を設けるほか、第十回北東アジア協力ハイレベルフォーラム、ビッグ図們イニシアティブ(GTI)政府間コーディネート委員会大臣級会合、第一回北東アジア地域協力地方政府首脳円卓会合、初回中日韓企業家サミット、第四回世界吉林商人大会等の関連活動も同時に開催される予定です。

現在、北東アジアは全体的に安定して良好な発展ぶりを呈しており、地域協力の強化に有利な条件ができています。今回の博覧会は、習近平総書記が東北振興の深化に関する座談会の会議精神及び第四回東方経済フォーラムで提出した四つの主張を全面的に貫徹し、各方面による「一帯一路」の共同構築への深度融合を推進し、北東アジア地域の投資・協力を促進し、開放協力の高地を積極的に建設し、北に向けて開放する重要な窓口と北東アジア地域協力の中枢を全力で構築し、新時代における吉林省の全面振興、全方位振興の実現を加速させるつもりです。