展馆展区

展示館展示エリア

展示館展示エリアの総面積は約7万平米で、科学技術イノベーションテーマ館、自動車館、東北アジア国家館、吉林館、省・自治区・直轄市館、輸入製品館、ニューメディアライブ配信館という7つの展示館を設けております。安全、環境保全、外観の綺麗さ、エコという原則に基づいて建設作業を推進し、展覧・展示の新形態を構築しております。

1.科学技術イノベーションテーマ館(9号館)。科学技術による活発化、イノベーション牽引型で、環境に優しい発展をアピールし、「新インフラ施設、新機会、新ビジョン」をテーマとして掲げ、科学技術部、工業情報化部、国務院国有資産監督管理委員会、中国科学院をはじめとする国家国務院所属の部と委員会及び中央企業または機関が協力するよう招待し、中国の科学技術イノベーションと低炭素発展の成果と応用状況を展示し、世界科学技術強国の建設における中国の智慧と力を示します。また、吉林省軌道交通装備製造、農産物高付加価値加工、ファインケミカルやバイオメディカルといった主導産業と近代農業、電子情報、ゼネラルアビエーション、衛星技術、新エネルギー、新素材や黒土保護に関する基幹技術・コア技術などの新興産業をめぐり、中車長春軌道客車、長光衛星、吉林化繊をはじめとする吉林省の基幹企業及び吉林大学、長春理工大学等の大学と科学研究所向けの展示エリアを設け、吉林省の科学技術イノベーション成果を集中的に展示します。

2.自動車館(8号館)。中国第一汽車集団の自社ブランドと合弁ブランドが最新に研究開発した完成車及びコア部品等の新製品、新技術、新理念を重点的に展示し、第一汽車集団の長い歴史における積み重ね、ユニークな文化的魅力と新エネルギーやICV=インテリジェントコネクテッドビークルなどの基幹技術・コア技術を自らマスターし、自社ブランドの飛躍的な発展を成し遂げ、世界一流企業へと邁進する輝かしい歩みを全方位的に展示します。吉林省の主導産業と柱産業としての自動車産業の特別な地位を全面に出していきます。同時に、国内外の有名な自動車メーカーを招待し、科学技術を応用した先端ブランドの製品の展示します。

3.東北アジア国家館(5号館)。東北アジア国家イメージ展示エリアと東北アジア国家商品展示エリアを設置します。

東北アジア国家イメージ展示エリアでは中国、朝鮮、日本、韓国、モンゴル、ロシアの6カ国の国家イメージ、人文地理、観光サービス、教育産業、投資協力等の内容を展示し、東北アジア博覧会の位置づけと特徴を強く打ち出します。

東北アジア国家商品展示エリアにおいて、朝鮮、日本、韓国、モンゴル、ロシアの科学技術、電子、紡績や食品等の特色のある商品を展示します。

4.吉林館(7号館)。吉林省の「一主、六双」という産業空間配置の発展成果を全面的に展示し、第一次産業、第二次産業、第三次産業の発展成果を示し、「第14次五カ年」計画を推進し、吉林省の特色を持つ食品産業、氷雪産業及び吉林省の優れた資源と特色のあるブランドを重点的に展示し、各地区の経済建設の成果、投資環境、重点的な外資企業誘致と外資導入プロジェクト、重点企業、基幹産業及び新興産業を集中的に展示します。同時に、吉林省名優商品展示販売特設コーナーを設けます。

5.省・自治区・直轄市館、輸入製品館(6号館)。吉林省以外の省、自治区、直轄市の政府部門、商協会と関連機関・組織の代表的な企業に出展していただき、地元の優位性を持つ産業、協力プロジェクトと特色のある製品を展示していただき、交流、マッチング及び商談、協力を展開していきます。また、支援の対象地域にあたる新疆アルタイ地区とチベットシガツェ市も出展されます。

6.輸入商品館。国際商品展示エリアと台湾、香港、マカオ商品展示エリアを設けます。

国際商品展示エリア(3、4号館)。「一帯一路」共同建設に参画している国家と地域の科学技術、電子、軽工業、食品等の特色のある商品を展示します。

台湾、香港、マカオ商品展示エリア(2号館)。台湾、香港、マカオの科学技術、電子、食品、軽工業、文化クリエイティブ、インテリア等の分野の特色のある商品を展示します。

7.ニューメディアライブ配信館(1号館)。インフルエンサーエコノミーという新業態・新モデルを導入し、斬新で充実したインフルエンサーによるライブ配信や現場でのインタラクティブなどの形式を通じて、博覧会の見どころと映像をリアルタイムで発信し、出展業者の宣伝、情報発信とプロジェクトのプロモーションを行っていきます。