中国―北東アジア博覧会公式サイトへようこそ

現在の位置:博覧会動き → 最新ニュース

博覧会動き Expo overview

最新ニュース

最新ニュース

中日韓自由貿易区フォーラムが開催

  第4回北東アジアシンクタンクフォーラムは、今回の博覧会の一つの内容とし、9月8日に長春南湖ホテルにて中日韓自由貿易区分科フォーラムを開催した。中日韓3国からの専門家・学者9名は中韓、中日自由貿易区の構築について思考・分析し、ルートを選択するとともに、自由貿易区の建設が長吉図地域の産業発展への影響に関して、交流・提案し、一部の重要な解題について共通認識を持つに至った。

  中日韓自由貿易区の建設議題をめぐって、広西社会科学院の黄志勇副院長は広西地方政府が中国―アセアン貿易区の建設を推進する主要な方法について詳細に紹介し、中日韓自由貿易区の建設の啓発に対して自分の見解を述べた。中国社会科学院アジア太平洋全球戦略研究院の富景筠副研究員は全体的に中日韓自由貿易区の構築障害を分析し、ルート選択を詳細に説明した。このほか、韓国対外経済政策研究院、吉林省社会科学院、日本早稲田大学、遼寧大学、延辺大学など科学研究機構の専門家・学者がそれぞれ韓国、中国、日本、朝鮮の立場から自分の観点を述べ、自分の研究成果を共有化した。特に朝鮮問題について、出席の専門家・学者間の合意が得られた。

  フォーラムは全体的に、高レベル、高水準、高効率など特徴があることが明らかであった。各分野の専門家・学者はテーマ発言の段階で重大な意義がある見解を述べ、議論の段階に良い質問をし、良い回答を得、議論の範囲と深さが一層、拡大され、出席者には精神、学術、思惟方式など面で大きな収穫があった。