中国―北東アジア博覧会公式サイトへようこそ

現在の位置:博覧会動き → 最新ニュース

博覧会動き Expo overview

最新ニュース

最新ニュース

中国-北東アジアの越境電子商取引システムが四平で建設

  吉林省貿易促進会、四平市政府、IZP(北京)科技術グループはこのほど、四平市にて中国-北東アジア越境電子商取引システムの構築に関する戦略的協力協議を締結した。これは北東アジア諸国と接続する越境電子商取引システムは四平に入居したことを示す。

  IZPグループは世界の大手データ会社とし、89ヵ国家・地域に亘ってデータシステムを構築された一方、アジアで最大の海外清算システムを擁し、海外銀行と支払機関62社と直接の取引関係があり、104ヵ国家・地域にて業務を展開し、海外の消費者が本位貨幣で中国や第三国の商品の直接購入に協力している。

  今年3月、省貿易促進会(省博覧局)とIZPグループは吉林省で中国-北東アジア越境電子商取引システムの投資建設に関して交流を行った。このプロジェクトの建設を加速するため、省貿易促進会(省博覧局)は十分に四平市が電子商取引システムの建設をきっかけにし、第1回北東アジア国際商品展の開催にあたって、このプロジェクトを四平市政府に推薦した。その後、省貿易促進会(省博覧局)は何度もIZPグループの本部、四平市へ提携について交渉したとともに、省政府と省直属の関連部門からの支援政策を求め、プロジェクトの建設に必要とする基礎材料を起案し、プロジェクトが四平市への入居を促進した。

  IZPグループは、3年以内にこのシステムを利用して製品輸出の企業数は1万社以上、3年後に毎年の輸出入額は80億ドル以上になると見込まれた。これは吉林省の輸出入貿易の拡大にとって極めて有益であるとみられる。