中国―北東アジア博覧会公式サイトへようこそ

現在の位置:博覧会動き → 最新ニュース

博覧会動き Expo overview

最新ニュース

最新ニュース

第十一回中国―北東アジア博覧会を今年9月1日―5日に長春で開催

第十一回中国―北東アジア博覧会が2017年9月1日から5日まで長春国際会議展示センターで開催されます。今回の博覧会は全部で9つの展示館を設け、金融創造館・香港商品館と台湾商品館・国際商品館・対外開放協力展示館・食品医薬館・文化観光館のほか、初めてスマート・マニュファクチャリング館を設置します。では、一足先に各展示館の状況をご紹介しましょう!

第十一回中国―北東アジア博覧会実行委員会第一回会議及び長春記者発表会が本日午前に松苑賓館で開かれました。その席で、吉林省副省長で北東アジア博覧会実行委員会主任の李晋修、北東アジア博覧会実行委員会副主任で吉林省貿易促進会会長の趙強華から関連する情況が説明されました。


規模、規格

全体規模は国内外で10万人の外部からのビジネスマンを想定し、そのうち外国からのビジネスマンは1万人の予想です。グローバル500企業の中国担当副社長以上の高級役員200人、中国500企業の副社長以上の高級役員150人、国内外の有名な金融及び投資機構100社、国内外の有名な商社150社、国内外の有名な商業協会100団体を招待します。さらに、北東アジア各国の経済貿易の高官、世界関連国家の政府要人及び国内各省(区、市)と重要都市の代表団の参加を招待します。


展示場設置

今回の北東アジア博覧会は9つの展示場を設置し、展示面積は6.24万平方メートルで、2,769ヶ所の国際標準展示ブースを設置します。全てに特別な内装を施します。

9馆:智能制造主题馆;主要展示机器人与智能装备、智能交通、人工智能、3D打印、虚拟现实、智能物流、智能家居、新一代信息技术、互联网+制造等。

 9号館:スマート・マニュファクチャリング館は、主にロボットとスマート機器、スマート・トラフィック、人工知能、3Dプリンター、バーチャルリアリティ、スマート・ロジスティクス、スマート住宅、次世代情報技術、インターネット+製造などを展示します。

1号館:金融創造館を初めて設置し、主に企業融資と産業促進プラットホーム、金融製品およびデリバティブを展示します。

2号館:香港商品館

3,4号館:台湾商品館

この三つの館は主に香港と台湾地区のハイテク電子、クリエイティブ・カルチャー、食品、軽工業などの特色ある商品を展示します。

5号館:国際商品館は、主に北東アジア、東南アジア各国のハイテク、電子、紡績、食品、医薬保健品および特色あるカルチャー商品と関連製品を展示します。

6号館:対外開放協力展示館は、主に吉林省各市(州)、開発区の発展の成果、商業投資誘致重点プロジェクトの進展状況、重点企業、重点産業と新興業種の発展の成果を展示します。

7号館:食品医薬館は、主に国内外の有名で良質な新しい特産食品・飲料・酒類などの商品および食品加工機械や包装機械などと、国内外の漢方薬と西洋薬の製剤・保健品・医療器械・健康滋養製品などを展示します。

8号館:文化観光館は、主に国内外の文化産業、観光ルート、観光資源および観光レジャー商品などを展示します。


会議フォーラムおよび経済貿易の商談活動

会議フォーラム及び経済貿易活動は全21項目あり、メインのフォーラムは第九回北東アジア協力トップフォーラムです。商務部・国家発展と改革委員会・中国国際貿易促進委員会と吉林省人民政府の共同主催で、開幕式と同時進行されます。その際には、中国の国家指導者が主旨演説を発表し、外国の政府要人、国家関連省庁のトップ、多国籍企業の責任者などの貴賓がスピーチし、国家間におけるハイレベル対話を展開し、北東アジアの地域協力について詳しく討論します。


人文交流活動

今回の博覧会では三つのイベントを準備しています。それぞれ第一回北東アジア華僑華人経済文化フォーラム及び海外エリート青年華人実業家の吉林進出、世界ベトナム・カンボジア・ラオス華人団体連合会第八回会員代表大会及び海外華商経済貿易観光交流会、第七回北東アジア国際書画撮影展です。