中国―北東アジア博覧会公式サイトへようこそ

現在の位置:博覧会動き → 最新ニュース

博覧会動き Expo overview

最新ニュース

最新ニュース

1100名のボランティア中国―北東アジア博覧会へ宣誓

切さで国内外からの来客者を向かえ、高い評価を頂き、「北東アジア博覧会で最

も美しい風景」となっている。

8月22日、当社情報(記者:張雅静 実習生:李明博)。午前、共青団吉林省委員会、省青年ボランティア協会の主催による第十一回中国―北東アジア博覧会ボランティア宣誓会及び事前訓練が、長春工業大学南湖キャンパス大学生活動センターで行われた。1100人の吉林省青年ボランティアが集まり、北東アジア博覧会での活躍を約束した。

宣誓会会場では、吉林大学のボランティア代表者より交流発表があり、1100人の北東アジア博覧会ボランティアの宣誓式が行われた。関係者の取材で、本年度北東アジア博覧会向けのボランティア募集は、今年4月から始まっており、宣伝・動員・面接・初期訓練を経て、1100人が募集され、言語は、英語・ロシア語・日本語・韓国語・朝鮮語・モンゴル語など六つ言語がありが、その内、大学本科以上の学歴を持つボランティアが93%を占めることが分かった。省貿易促進会・省青年ボランティア協会・長春師範大学の関係専門家から、博覧会の概要・背景・サービス理念と実務・サービス礼儀などに関して指導を行い、ボランティア全員が北東アジア博覧会開催中に良質なサービスを提供することを目指している。

「これで私は、二回目に北東アジア博覧会ボランティアをつとめる事になりました。今年も、宣伝関係の仕事をします。青年ボランティアを宣伝したり、イベントの準備やボランティアの職場移動にも手伝い、北東アジア博覧会が順調に進むよう力を尽くしたいと思います。」長春師範大学放送テレビ編集学科3年生の温安然は、北東アジア博覧会のボランティアに参加することで、本人も成長し得ることが沢山あるとコメントした。「例えば、人との付き合い方が分かって来ました。今回の仕事は、本で学ぶ理論より、実務能力を付けてくれました。」

取材によると、今年で、省共青団委員会は10回目に北東アジア博覧会のボランティアの仕事に携わる。今まで、省共青団委員会は北東アジア博覧会向けに累計10000人以上のボランティアを派遣し、50万時間以上のサービスを提供した。吉林省青年ボランティア達は、笑顔と親